Creerからのお知らせや、自然やお花に関する気づきをご紹介いたします。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
小さな一歩をだましだまし・・・
最近、朝のウォーキングが、少しランニングになってきました。

といっても、1時間のうち走っているのは半分くらい。
週2,3日、行きたいときにです。

最初がウォーキングだったので、歩いてしまっても罪悪感もなく、でもしばらく歩くと走りたい気持ちが湧いてきたりします。




これならできそう、ということをやり、それが日常になり始めたら、また少しできそうなことをやってみる。

これは目標に向かって進むのに、遠いようで近道だと言えると思います。



子供の頃、ピアノを習っていて、新しい教本をもらったとき、最後の曲を開いて、あまりにも音符がたくさん並んでいて、どうしようもなく難しそうで、うわっと、拒否反応でテンションがズーンと沈みました。


それを母に言うと、「後ろのページは見なくて良いのよ。」

母の言葉に深い意味が込められていたかは分かりませんが、ふっと楽になって、妙に納得したのを覚えています。

その最後のページを弾く頃には、すんなりとそこに入れたのでした。


遥か先の目標に辿り着く道が見えなくても、自分が決めた、できそうな一歩を今日、やってみればいいと思います。


山のたとえるならば、
下から上を見上げて、どうやったらあそこまでいけるか考えていても道は見えてこない、気が失せるだけ。
頂上を頭に入れつつ、足をかける場所をさがして、踏んでみる。
滑ったら違う方法をとればいいだけ。
手がかりとなるものがないか、状況に五感を働かす。
そして、その時々で、風の気持ち良さや、可憐な花をみつけたことなど、小さな喜びを意識して味わう。
変化を楽しむ。舗装された一本道を歩くことは、どれだけ根気のいることだろう。
変化は長さを忘れさせてくれる。
気持ちが乗ってくれば、もう下は見なくなる。

山が違うことに気づけば、別の山へ向かう道を探せばいい。
頂上まで登れたら、まだまだ登れる山は無限にある。
大勢がとなりの山を登ってたって、それは全く関係のないこと。


私の頂上もまだ遥か上です。
死ぬまで上に登っていたいです。



話は戻って、私のお気に入りの朝のランニングコースに、野菜の販売所があります。
ジャガイモを買いました。
素材の味がしっかりあって、とってもおいしかった。
おじさんに、まだ子供の野菜達を紹介してもらいました。
大根、白菜、ブロッコリー・・・まだ一見何の野菜だか分かりません。
これから通る度に成長が見られるのが楽しみです。
そして、それが収穫されて食べられるのが楽しみです。

ヘチマの花を分けてもらいました。
とてもきれいでした。

CA3900041_convert_20080909171611.jpg

スポンサーサイト
© flower salon Creerクレエ ~comme nature~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。