Creerからのお知らせや、自然やお花に関する気づきをご紹介いたします。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夏山登山 Part3
山登り 最終章です。

地図を開きましたが、だいたいの場所は予想つきますが、道という道のない、広い砂利山なので、はっきりした居場所がわかりません。

(コンパス買えばよかったあ・・・)


ガイドブックを開くと、

「降りるときは下り過ぎないように注意しましょう」
「巻き道の方が安全ですが、霧が出るとどちらも危険です」

「・・・・」
(読まなきゃよかった・・・)

早く降りなきゃという気持ちを落ちつかせて、冷静に周りを観察しました。


すると、霧が少し流れた合間に、下の方に二箇所、矢印の指標が見えました。
文字は読めませんが、右は2方向、左は3方向指し示しています。

かなり下で、左右は離れています。

あの場所が帰り道かはわかりませんが、あそこに行けば現在地ははっきりする。

どちらに行こう?

平坦な道ならば、どちらも行けますが、砂利の坂道、転げ落ちたら大変です。
少しずつしか進めないので、一ヶ所に行くのも時間がかかります。

どちらかに行ったら、反対の指標がそこから見えるか分かりませんし、同じ所に戻ってくるのは不可能です。


どちらに行こう?

左は登ってきた道に近い方向です。
右は登ってきたところから遠いですが、たぶん、方角的には、右の方が安全なはず。

右に行くことにしました。

ずりずりお尻をつきながら、所々にある松の木を掴みながら、道なき道を滑らないように降りていきます。
足を滑らすと、砂利がごろごろどこまでも下に転がっていきます。


指標の文字がまったく検討違いだったらどうしよう・・・


結局、右に来たのは正解だったようで、ほっとしました。
そこからは、あっという間に山道まで戻ることができました。

「あれ・・・?この道とっても歩きやすいけど、私達の歩いた道(?)は・・・?」


あとから調べると、どうやら、頂上を目指しすぎたばっかりに、全く道でないところを進んでしまっていたようでした。

帰ってくる人がとても疲れていたので、きっと相当ハードなんだろう、と思った思い込みの為、そんな道でも疑問に思わず登ってしまいまいました。

思いこみって怖いものです。


その後無事山道を降り、テントに着いた頃には、周りのテントは夕食も終わって眠る準備を始めていました。

周りに気を使いながら、静かに夕食です。
山で食べるご飯は、なんとおいしいことでしょう!!

体中の筋肉痛(頂上付近で手も使って登ったので腕もがくがく)と、ワインで、あっという間に眠くなりました。

しかし、とっても眠いのですが、寒くて眠れない・・・。
ダウンを着ているのに寒くて冷えて足が痛い。
周りのいろいろなものを体に乗せてみましたが、だめでした。
(ここでこの格好でこんなに寒いのに、もっと高いあの頂上付近で、Tシャツにカッパしか持ってない状態で寝ていたら・・・)
想像したらぞくっとしました。

しかし、それ以上に、とても素敵なことがありました。
寝る前はあまり見えなかったのに、真夜中、空を見上げると、ものすごい数の星が見えました!
流れ星もたくさん見つけました。
テントから顔だけ出して横になり、川のせせらぎを聞きながら、満天の星空をたのしみました。


その夜は、朝になって脚を入れていたカバーが裏返し(外側フリース、内側ビニール素材という、全く機能を発揮できない状態)ということに気づくまで、寒さとの戦いが続きました。



次の日の帰り道、高速を走っていると、晴れていたのに突然のはげしい雨と雷。
本当にひどく、混んでないのにみんな低速走行するほどの、大粒で強い雨でした。

時刻はちょうど昨日頂上付近にいた時間・・・。
昨日の到着時に予定のバスに乗っていたら、今日登ることになっていたでしょう。

「よかったね」
隠れる場所もないあの山で、砂利と共に山道を転がる自分たちの想像を打ち消すように、言いました。


しばらくして、最後に自然からのすばらしいプレゼント、地上から続く、大きなはっきりした虹です。



自然に遊ばせてもらって、いろいろなことを教えてもらいました。
頑張ると、いい景色が見れたり、気持ちいい風をもらえたり、ご飯がおいしく感じたりと、いいことがたくさんありました。


仕事じゃなくてお休みなのに、何かもらえるわけでないのに、誰かの役に立つわけでもないのに、なんで頑張ってるのかな?とふと自分が不思議になりました。
途中まで登っても、頂上まで登っても、変わらないのに。


人間の脳は、目標を定めると、それがなにであれ、達成しようというプログラムが無意識に働き始めるのではないかと思います。

そして、過程がハードなほど、顕在意識が働く隙を与えないので、妥協しずらいのかもしれません。

今までの人生にも当てはまる気がします。


本や勉強で学ぶこともたくさんありますが、こうして体験して感じることの方が私には大きな糧になっていると思いました。











スポンサーサイト
page top
夏山登山 Part2
山登り続きです。

PAP_0008_convert_20080903163640.jpg


PAP_0009_convert_20080903163700.jpg


だんだん余裕がなくなってくると、ついひたすら足元を見て歩いてしまいます。
一歩がだんだん小さく、スピードも落ちてきます。

結構歩いたと思うと、はるか上に、山頂の近くにある摩利支天という山が見えました。

PAP_0006_convert_20080903163605.jpg


あの上まで辿り着くのだろうか・・・。

自分の一歩が、自分の存在が、蟻のように途方もなく小さく、永遠に着かないように思えました。



(海もそうですが、雄大な自然の中に身を置くと、人間がいかに小さいか、日常の世界がいかに狭いか、大きな問題として悩んでいることがいかに全く大したことないことか思い知らされ、楽になります。

生きてることだけで、十分にすばらしく、ありがたく、奇跡だ!と思えます。)




普通は、前日にテントに泊まり、朝一で登り始めるのが多いので、当日に来てお昼頃から登り始めた私達は、出遅れていました。

日が暮れるまでに降りてこなければ・・・、でも山頂まで行きたい。
とにかく行けるところまで行ってみよう。

行けるか分からないけど、考えても仕方ないので、少しでも前に足を動かして・・・。


登るのは疲れるけれど、自然からたくさんの贈り物をもらいました。

道端に元気咲くかわいらしい花、すうっと流れる冷たく気持ちいい風、山々の雄大で美しい景色。

疲れた頃にいいタイミングで現れて、励ましてもらっている気がしました。


そして、ついに山頂前のポイントまで辿り着きました。
上にあった雲が、下に見え、見上げていた摩利支天などが、隣に見えました!

さっき、人間の小ささを実感しましたが、こんなにちいさな一歩の積み重ねが、こんな高いところまで辿り着けるんだということが、とてもすごいことに思えて、今度は、人間ってすごいな、と思いました。

PAP_0005_convert_20080903163546.jpg


山頂までもう一息です。
山頂から降りてきた人が休憩していましたが、これから登る人はいないようでした。
あまり休んでる暇はありません。
足早にごつごつした山道を息切らしながら進みました。

岩場を抜けました。
山頂付近は、砂利で覆われています。
まるで雪山を登っているように、足がすべり、なかなか前に進みません。
両手両足を使って、必死に登りました。
振り返ると、ずうっと下まで砂利の坂が続いていて、転げ落ちたら、どこまでも行ってしまうんだろうなと思いましたが、その頃はそれより山頂に行くことに夢中だったので、怖いと思っている暇はありませんでした。

両手両足着いた状態なので、顔が地面に近くなります。
こんな砂利の過酷な場所に、名前も知らぬ、小さくてなんともかわいらしい黄色と白の花が、ぽつん、ぽつんと、目の前に現れます。

これには本当に元気をもらいました。

お花はすごくパワフルで、私達に豊かなものをたくさん与えてくれることを、実感しました。
お花に関わる仕事をしていることに、もっと感謝をしようと思いました。


ふと止まると、霧が出てきました。
あっという間に広がって行きます。

山頂らしきものは見えますが、あそこまで行くのにまだまだ時間はかかるでしょう。
我に返り、勇気を出して、引き返えすことにしました。
急に心臓がドキドキし、緊張しましたが、なるべく悪いことは考えないように心がけました。

振り返り下を見ました。目印のないだだっ広い砂利の坂、どこから降りて良いのか・・・。
さらに霧でよく見えません。

霧よ晴れて・・・と願いました。
同時に、最悪の場合でも、ここで一晩明かせばなんとかなると、心の準備をして。


また次回に続く・・・。





page top
夏山登山 Part1
一昨日までお休みをいただきました。

これでもか、というくらい遊びました。
山、川、温泉、滝、温泉、海と、自然を十分満喫してきました。

普段よりよっぽど休まず動いてたので、最終日の夜は、夕方から朝まで、ぐっすり眠れました。



まず、山は甲斐駒ケ岳に行きました。

夏休み初日から4時起き5時出発です。
お陰で、お盆の帰省ラッシュの影響もなく、スムーズにバス停に到着。
マイカー規制のため、途中から車を降り、2本バスを乗り継いで、登山口に行きます。

一本早いバスの出発時刻ぎりぎりに着きました。
次のバスは3時間後です。

急いでバスに飛び乗ったので、着いたら仕分けをしようとしていた余分な荷物まで持って上がることになってしまいました・・・。

バスから降りると、ひんやり、しっとりとしてた空気がおいしく、登る前からきてよかった!と思いました。

なんとか無駄に多い荷物を押し込み、テント場まで歩きました。
川沿いで、広々していて、とてもいい場所でした。
色とりどりのテントが張られています。
外で寝てる人もいて、とても気持ちよさそうでした。

ここで、予行練習をしていた、テントの登場です。
テントを張って、腹ごしらえをして、いよいよ出発です!

PAP_0013_convert_20080903163503.jpg


最初は緑に囲まれた、しっとりとした気持ちのいい道でした。
コケがとてもきれいでした。

PAP_0011_convert_20080903163419.jpg

川のせせらぎや、鳥のさえずりが聞こえました。
冷たい水を触ったり、まだこのころは寄り道する余裕がありました。

PAP_0012_convert_20080903163444.jpg

PAP_0010_convert_20080903163210.jpg


だんだん斜面がきつくなってきました。
息も上がってきました。

友人と、一つの荷物を交互に背負いながら登りましたが、これはとてもよかった。

背負うと、とても体が重く感じますが、しばらくすると、それがそうでもなくなってきます。
そして降ろすと、驚くほど体が軽く、走れそうな気さえします。

人間の順応性ってすごいなと思います。

ずっとなにも背負ってなければ、体がこんなに軽くなんて感じないでしょうね。


何事も相対的な判断でしかないということです。

大変・簡単、 忙しい・ひま、 つまらない・楽しい・・・

この順応性をうまく利用すれば、自分をもっとコントロールできるような気がします。



まだまだ登り始めたばかりです。
次回に続く・・・。




page top
かわいい消しゴムハンコ!
友人から、こんなに素敵なものをいたたきました!!

CA390401_convert_20080806190819.jpg


消しゴムで作ったハンコです。
本当に器用です。

デザインもとっても素敵!
コルクの持ち手部分もとってもオシャレ。

郵送してくれたのですが、開けて、ジーンとしばらく感動に浸ってしまいました。

手作りってうれしいですね。
お店の名前を入れてくれたのも、応援してくれる心が伝わってうれしかったです。
私の好きそうな雰囲気にしてくれたのも。


私がお花の仕事を始めた頃、「歴史を感じる」アパートで、共に過ごした友人です。
仕事でいっぱいいっぱいだった私は、今思えばお世話になりっぱなしでした。

感謝してもしきれません。


私が少し役立ったことといえば・・・
お風呂のドアノブが壊れたときに、ドアのガラスを割り、中に入って水を止めたくらいしか思いつきません。


新聞を敷き、スニーカーをはき、ガラスが飛び散らないようにタオルを当てた上から、うちにあった中で
一番硬いと思われる、魔法瓶の水筒で、叩き割り、くぐって中に入って溢れる水を止めました。

ほっとした気持ちと、日々たくましくなりつつある自分に少々の不安を感じました。



その他、「昭和の匂いのする」アパートなので、いろいろありましたが、
お金がなくても楽しく過ごせたのも、友人がいたからです。


そんな昔の懐かしい思い出が蘇りました。
page top
8月後半のレッスン ゆらゆらトウガラシの秋の壁掛け
休み明け20日から始まる、8月後半のレッスンは、プリザ-ブドフラワーを使った、
秋の雰囲気満載の壁掛けを作ります!

プリザはバラとアジサイです。
前回のブルーとグリーンのバラも、プリザならでは、ですが、今回の茶色のバラと、
オレンジ茶色のアジサイも、プリザならではの色合いですよね。

他に、トウガラシやシナモンスティック、シダローズが入っています。

シダローズとは、バラの花のような形をしていますが、ヒマラヤスギ(マツ科)の実、
松ぼっくりの一種です。
自然にできた形なんて、不思議ですね。

シナモンスティックはほのかにいい香りがします。

トウガラシがゆらゆら揺れるようにぶら下げたり、童心に帰って、遊び心いっぱいの壁掛けを作りましょう!

CA390403_convert_20080807194256.jpg


玄関に、リビングに、恵みの季節、秋の訪れを。




Creerにご興味を持ってくださった方は・・・

Creerのレッスンに内容については、こちらをご覧下さい。
体験レッスンについては、こちらをご覧下さい。

花束、アレンジのご注文についてはこちらをご覧ください。
page top
ネーミングに・・・
今朝市場で、帰ろうと思ったところ・・・

おっ、小さなブーゲンビレア!
新品種!かわいい!

CA390412_convert_20080808164232.jpg

「こなつ」・・・!!


お休み前だし、と一度は通りすぎたものの、ネーミングに親近感を感じ、
引き返して連れて帰りました。
page top
夏休みのお知らせ
  *夏季休業のお知らせ*
8/13(水)~19(火) は、レッスン、ご注文ともにお休みさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。


夏になると、会う方に大抵
「どこか行きました?」
って聞かれます。

まだ大して出かけてないのですが、今年もすでに真っ黒な私です。
車の運転と、散歩とか買出し、朝の店出し・水遣り、ですかね。

小学校の時「くろんぼ大将」女子部門1位は、今でも健在です。
(そのころも学校の校庭とプールで毎日遊んでたくらいなのに・・・)


夏休み明け、皆さんを驚かせ過ぎないように、控えめにしたいと思いますが・・・。
たくさん自然に触れ、心身ともに鍛えて、楽しんで、いい仕事ができるよう、充電してまいります。




花束をご紹介致します。
CA390312_convert_20080727175036.jpg


CA390389_convert_20080727175121.jpg

CA390396_convert_20080802171810.jpg


CA390305_convert_20080802171619.jpg


Creerにご興味を持ってくださった方は・・・

Creerのレッスンに内容については、こちらをご覧下さい。
体験レッスンについては、こちらをご覧下さい。

花束、アレンジのご注文についてはこちらをご覧ください。
page top
秋の空

先日、こんなおもしろいな空を見ました。

CA390394_convert_20080802171706.jpg

いろんな種類の雲が層になっていて、きれいでした。
いいタイミングに居合わせることができて、ツイテました。

地上が都会だと、ちょっと不思議な感じですね。

広大なサバンナとか、ジャングルなんかだとバッチリ合いそうです。



余談ですが、ジャングルといえば、私の夢の一つに、
「熱帯雨林のジャングルの中で、南国の鳥や動物の声が響く中、
木の上に腰掛けて、ゆらゆらと燃えるような大きな太陽が沈むのを見る」
というのがあります。




それにしても、この写真を撮ったのは、実は一週間前。
7月後半です。

「秋の空」って感じしませんか?

私は前のブログにも書きましたが、なんだか今年は7月から秋の気配を感じてました。
あながち勘違いでもないような気がします。

数日前、母からのメールで、突然
「今年は秋が早く来るような気がする」
と書いてありました。

どこかで聞いたのか、本人が感じたのかは分かりませんが、同じようなこと考えてる人がいました。


CA390395_convert_20080802171737.jpg

夏大好きなので、去り行く夏はさびしいですが、そんなときは来る秋に目を向けます。

秋も大好きです。
紅葉が大好きです。
これは去年一人でぶらりといった丹沢湖近くで。
誰もいないところで、しばらくこの景色を独り占めにして楽しんでました。


DSCN1348_convert_20080804080229.jpg


それから、秋の楽しみは、コスモス!
コスモスは、道端に突然現れるのがいいんです。

車や、電車から、たまたま見つけるさりげなさがいいです。

コスモスはたいていまとまって咲いています。
一本で見ると、それほど華やかさはありませんが、あの大群でさやさやと風にたなびく様は、
バラにも勝る美しさです。

コスモスの茎は、秋風に揺れるために、やわらかくてしなやかです。
バラのように硬かったら、揺れないし、強い風がきたら折れてしまいます。

コスモスの葉は、秋風に揺れるために、細くて繊細です。
アジサイのように大きかったら、風の抵抗をたくさん受けてしまいます。

コスモスは、弱弱しそうに見えますが、頑丈な茎を持つよりも風に強いことを知っていて、
それが優雅で素敵です。


いつもいろんなお花を見てますが、私が涙がでるほど感動してしまうのは、
何か強い魅力を放っているのは、コスモスの群れを見かけたときなんですね。



すべての花が、理にかなっています。

私はアレンジするとき、実はたくさんの計算や意図が入ってます。

しかし、お花、自然には、もっとたくさんの完璧な計算が存在します。
それをあるとき見つけました。
それから、一つずつ発見するたびに、自然に対する尊敬の念が増していきます。


page top
8月前半のレッスン ドライフラワーのヴァインリース
8月のレッスンが始まりました。

まだまだ暑いので、もう少し生花はお休みして・・・

ドライフラワーを使ったリースを作ります~♪
CA3903991_convert_20080801171900.jpg
花材は一緒ですが、配置は全て自由です。
今日の生徒さんも、とっても素敵なオリジナルリースを作ってらっしゃいました。

夏休みの工作感覚で、自由に楽しくやりましょう♪

   



Creerにご興味を持ってくださった方は・・・

Creerのレッスンに内容については、こちらをご覧下さい。
体験レッスンについては、こちらをご覧下さい。

花束、アレンジのご注文についてはこちらをご覧ください。
© flower salon Creerクレエ ~comme nature~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。